野外活動大学校

 










舞洲オートキャンプ場
≪野外活動大学校からのおしらせ≫

もしも以下のような症状を感じた時は、熱中症を疑ってください。


◎熱中症の応急処置


熱中症の症状は?
めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・吐き気・けいれん・手足の運動障害・高体温などの症状があれば、熱中症の疑いがあります。
以上の症状がある場合は

① 呼びかけに答えますか?
答える場合・・・・涼しい場所などへ移動し衣服を緩め体を冷やします。

答えない場合・・・救急車を呼んで応急処置をしてください。
          ・涼しい場所などへ移動し衣服を緩め体を冷やします。
・首、脇の下、足の付け根を冷やします。
・呼びかけの反応が悪い場合は、無理に水を飲まさないように


② 水分を自分で取れますか?
取れる場合・・・・水分・塩分を補給する。

取れない場合・・・医療機関へ

③ 症状は改善しましたか?
改善した場合・・・・そのまましばらく安静にして休息を十分とり、
回復してから帰宅してください。

改善しない場合・・・医療機関へ

参考 環境省「熱中症環境保健マニュアル」より

 

 

 




ゲリラ豪雨に注意  突然の雨で思わぬアクシデントになるかもしれません。
◎大雨に注意  (都市型水害の特徴)
大都市ではアスファルトで固められた部分が多く、大量の雨水が一気に下水道へ流れ込み、排水の処理能力を超え万ホールや側溝から地上にあふれ、地下街や地下室を襲う災害も起こっています。
地下にいるときは、安全と思い込まず、雨の降り方や降っている時間に気をつけ、外で何が起きているのかを把握するようにしましょう。
階段を流れ落ちる水の勢いは強く、地上への避難困難になりますので、地下への浸水が予想されるときには早めに避難しましょう。


地下街での注意
・地下街では外の様子がわからない。
・地上が冠水すると一気に水が地下に流れ込んできます。
・外側から押されたドアは、水圧で開きません。
・冠水すると電灯が消えエレベーターなども使えません。

参考 大阪市危機管理室「市民防災マニュアル」より